FC2ブログ

日本への憧憬(どうけい)

今年の正月も終わった。
今回はどこにも出かけず大みそかと元日の二日間 のんびり休むことにした。
日本でもしたことは無かったことに おせち料理なんてものを準備した。
写真を撮っていないが三段重ねのお重 もちろん 自分で作ったわけではない。
こちらの日本人による日本食屋からの仕出し
と言ってもほとんどは日本から持ち込んだ既製品の詰め合わせの様なもの 自家製は野菜の煮物くらいではなかろうか。
もちろん 気分の問題だからそんなことはどうでもよい 日本食であればこれで良いのである。何より日本食は盛り付けが粋である。  見た目だけで満足である。

さて 明けていつものことだが正月休みで日本人はいない。店は暇である。

まあ 色々あって こんな暇な状況なのに 旧正月まで休みが取れそうになくなってしまった。

あと20日強 頑張って働きますか?! 水泳もなし 気晴らしのデートもなし 
まあ それでもいいではありませんか 変化というものは常に人間必要です。いつも同じことばかりでは飽きが来てしまいます、

今回の帰国は一度も経験していない冬の帰国
一年中夏の半ズボン姿の私 寒さに耐えられるかが少し不安
実は 年末 父親が逝ってしまった。 数年認知症で施設に居てのことであった。
そんなわけでショックはない。 ついに逝ったか という感じである。 高齢のため知人もほとんどなく、地元も離れていたため葬儀もやっていないのだ。火葬場で簡単に済ませたらしい。母親も施設にいて参列せず。 私も参列せず。そのため49日ということで今回帰る。と言っても何もせず日本に住む弟と納骨だけを行うことになった。
そんなわけで帰国する。

そのほかにも せっかく帰国 不謹慎と言われるかも知らないが私は楽しみである。
休暇 という感覚でとらえている。
とにかく日本は便利な国である。またどこに行こうと心配することも不安になることもない。 仲の良い旧友と言いたいことを話し合える 年に一度あるかないかだからひとしお楽しみである。

もうどこに行って何をするかを考えほとんど予定が決まってしまっている。
寒い日本を体験する。 寒いところに行くというわけではない。いるだけで寒いはずだ。外も歩ける。夏と違って暑くてバテることはない。寒ければ歩けば暖かくなる。散歩・散策にはその方が良い。

まずは寒いので温泉を楽しもう 都内にある日帰り温泉で充分寛げる

蕎麦屋を巡ってみよう 何かヒントになることがあるかもしれない。

当然 こちらでは手に入らない日本的なものを探そう そう、 ボールペン一つにしたって デザイン ・品質面でこちらでは手に入らないのだ。
砥石 小皿 メニューブック こんな店で使う日本的なものは必須である。

今回は衣料は必要ない 冬物は不要なのである

こちらに住んでからまだ会っていない人に数年ぶりに会いたい 健康面の不安がチラホラ みんな昔(といってもたかが5年前)と変わらずというわけではなく元気ではないらしい。 わが身の健康に感謝 である。

数年ぶりに  やはり女史に会いたい だがどうであろうか 会えないかもしれない

まあ 全然若い女史ではない 同年代である  どうこう考えているわけではない 
考えているかもしれないが そんなことより話していて癒される つまり一歩距離を置いた旧知の仲という関係が良いのである。

食事にいこう と言えば勝手に高い店を予約したり

ねえ あなたと付き合ったらどんないいことがあるの? と言ってみたり

この宝石が欲しいんだけどな  
今度服買いに行きたいわ  なんてことを言ってみたり
こんな 女 はもう勘弁なのである

 そんな間柄ではない 一緒に散策でもして お茶を飲んだり食事をしたりして語り合い どこまでも一緒で楽しければその先もあり という関係のまま会っているのがいい
また 会いましょう そしてできたら帰国時に何か一緒にできませんかね? なんて関係になれたらいいのにな

妄想という感覚ではなく 現実的な感覚です。 数年後が待ち遠しくなってきました。

というわけで私は今日も朝からシコシコ働くのであります。 夜は汗かきながら焼き鳥を焼くのであります。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック

プロフィール

煩悩おやじ

Author:煩悩おやじ
元々はサラリーマン 十数年前に第二の人生で東京で飲食店を開業して10年 気が付いてみれば今度は第三の人生を海外でやってます。 海外での生活ならではの・・・あるいはこの年齢独特の煩悩に苦しみ・・・徐々に悟りの境地に近づきつつあります。
  この国(国名は明かしません)に来て7年以上が過ぎました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad