FC2ブログ

大平洋制覇  しかし米は屈せず。さてどうしましょうか。

太平洋戦記3 今回もこの書き込みです。

故あってこの一か月弱休みのない私、 気晴らしは閉店後に楽しむこのゲームで気を紛らす日々
51KnOUyFIoL.jpg

今回のトライ 非常に順調に推移している日本軍の作戦計画

一方 ヨーロッパではドイツに東部戦線で暗雲が漂い始め、いよいよ同年6月にはあのノルマンディー上陸作戦が始まるでしょうから太平洋の戦局とは違う展開のようです。

ハワイを空爆によりたたき続ける日本軍 歯ごたえにない米 燃料補給が整った空母機動部隊2艦隊は いよいよ占領へ動きます。 補給?のため停泊している輸送船団多数をを艦載機で叩き天候も問題なく上陸作戦へ ミッドウエーからの爆撃機も問題なく撃退
無血占領とはいかないまでも陸戦で火砲の勝る日本軍に敵は壊滅 機雷や座礁による損害のみで占領には余力を残すほどの結果に。
燃料を調整 編成しなおした機動部隊は一気にダッチハーバーの占領に出動 事前の 富嶽 での空爆で敵基地の状況も把握できているため時間を置かずに作戦決行です。
問題なのは燃料 悪天候で上陸戦ができずに停滞が長く続かなければ日本軍に死角はありません。
敵はB29をまだ開発していないので空爆の心配もありません。
そしてダッチハーバーも海戦もなく占領 

ついに太平洋の米の重要拠点はすべて占領したことになります。 1944年6月のことでした。

しかし、米は屈しません。
大統領声明で国民に戦争継続を相変わらず訴えています。
その後にダッチハーバーへの奪還作戦に一度来ましたが 富嶽の空爆で全艦撃沈 太平洋には米の脅威はなくなったと思えるほどです。

日本軍は 燃料待ちで各拠点に展開する艦隊は作戦計画なし 船団で動いているのは蘭印の原油輸送船団のみ

米に大きな動きなし  ノルマンディー後のオーバーロード作戦でそれどころではないのでしょうか?
これでも米は屈服しないのなら 他の拠点を虱潰しに占領するのみ
小船団を再編成し北太平洋・南太平洋の基地の占領に動きます。 作戦計画というより掃討作戦のような雑務という感覚です。

どうも 良く解りません。  こんなことをしても米は講和に動かないでしょう。 無駄に動いているかのようなこの感覚。 もう太平洋での勝負はついているのですから。

やはり 米本土戦略爆撃でしょうか。  
これは 米の国民戦意を高揚させるのでやってはいけない!という方もいます。

もう一つ  
講和ができた方はソ連と闘い講和をする必要性を説いています。

ソ連に宣戦布告  米の動きが無ければ充分可能な気もします。
ドイツに派遣した潜水艦により 独重戦車 虎(ティーガー)と豹(パンター)も生産しています。

どうもこのまま 時間を浪費してドイツの敗北を待っているような展開では、その後のソ連軍の極東展開を容易にしてしまいます。  この段階で手薄なはずのシベリアに侵攻すべきではないか? と考えています。
米本土への戦略爆撃  太平洋で米に動きがあったら実施すべきなのかもしれません。(どの程度の効果があるかは不明ですが、B36の配備前に事前に叩いておいた方がいいのかもしれません。
今後の展開は シベリアでの陸戦 必要なのは戦車と重火器それと戦略爆撃機 富嶽 ということになりそうです。
空母を30隻以上保有する連合艦隊  下手に動かず燃料節約がいいかもしれません。

1944年8月



関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック

プロフィール

煩悩おやじ

Author:煩悩おやじ
元々はサラリーマン 十数年前に第二の人生で東京で飲食店を開業して10年 気が付いてみれば今度は第三の人生を海外でやってます。 海外での生活ならではの・・・あるいはこの年齢独特の煩悩に苦しみ・・・徐々に悟りの境地に近づきつつあります。
  この国(国名は明かしません)に来て7年以上が過ぎました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad