FC2ブログ

マグロなんかに手を出すから・・・・

わが店  居酒屋である。 海外にあるが日本風の居酒屋である。店の作りは 和モダンでおしゃれである。

しかし、メインターゲットは オヤジ である。 開店当初の数年前は99%客は男であった。 最近はこんな海外でも若い日本人GAL(古いいいかたですね~)も増えてきたようでオヤジ比率は80%になってはいるが、やはり オヤジ メインの店なのである。

おやじの定番つまみを上げて行けば 焼き鳥 ポテトサラダ から揚げ 御新香 枝豆 そして 刺身 なんてのが定番である。

わが店 焼き鳥がメイン  そしてオヤジ好みの 肴 のラインアップは充実している。 もちろん 生もの マグロ もある。

もちろん わが専門外なわけでして 刺身 や 御造り なんてのは無い。

もちろん 日本からの冷凍マグロではなく、 この近海でとれた 生マグロである。

もちろん 黒マグロやインドマグロなどという高級魚ではない。 数種類このマグロは取れるらしい。


しかし、この国 この鮮魚事情が悪い。 要は冷凍技術が未熟でいわゆる刺身用に輸出する需要に答えられないからということらしい。
マグロは採ったら急速冷凍が必須。 理想はマイナス80度だそうだ。 この国にはそんな船がない。だから刺身用に高値で売れないらしい。 だから出回っているのは 生 なのだそうな。

だから、 その生  ブツ という料理で刺身扱いでメニューに載せている。

しかし、 生でどーんと届くので店のマイナス20度程度の冷凍庫では保存も効かない。 せいぜい3~4日であとは 生でそのままは提供できない。  したがって穿くために揚げ物にしたりマグロカツ丼なんてメニューもある。

しかし、オーダーが多いのは 刺身風 ブツ である。 これは入荷して三日間だけ あっという間に売り切れとなってします。

いいとここの店 三日で売れるブツは2キロ弱である。 であるから半分余ってしまう。 しかもある時しか配達されない。
よって一か月の三分の二は 今日はマグロありません! と言わなければならない。

味は  うーん 普通! そしてトロなんてのは無い。赤身だけである。 下手をすると 生だからと言って買うと血生臭くて使えないものもある。それがこの国のマグロの実態

もちろん 日本産冷凍もある。しかし、 味は普通 大差はない。しかも高い しかも3キロくらいからしか持ってこない。
これでは うちの冷蔵庫ではやはり三日が限度  冷凍で鮮度を保つにはマイナス50度が必要だからだ。
よって 扱えない。  寿司専門店に任せた方が良い。

こんな事情であるから うまいマグロはこの国にはない。 ふつー のものが高い これが現状

うちの店 ふつー でいいから オヤジの好きなまぐろを扱いたいが どうもうまくいかないのが現状。

いよいよ、本題

最近 新人で刺身のできるキッチンスタッフが入って来た。   できる!といってできないのが多いこの国の人々  だが 彼は刺身ができたのである。  サクの取り方から盛り付け方までわかっている。
これは 面白い   ブツ ではなく 刺身 でやろう! ということにしてみた。
すると 注文が倍増  もちろん 外人客がほとんどだが よくオーダーがでる。  やはり 和食は SUSHI SASHIMIなわけである。 他の店では味は同程度だが 1000円はするマグロ刺身  うちの店は350円という低価格   日本人も 期待できず 高いだけで美味くないマグロや刺身だが この価格なら文句のつけようがないだろう。

これで気をよくしたうちの奴 マグロメニューを増やそう!と大乗り気

でも そいつがいなくなったら刺身できるの? サクは取れるの? と思ったのだが とりあえず じゃ やれば!ということで本格始動
そのつかの間  刺身のできるこのスタッフ 働き者ではないお気楽な立場だったようで 入って一か月も経たないで辞めてしまった。

でも やる! といって聞かないうちの奴   しかし、 納品されたマグロが約束の量より多い。 いつもこんな調子で自己都合で納品される。 約束と違うよ! 二キロって言ったじゃないか!!しかも皮 血合い付きで良いのに と言っても 今はこれしかない で話にならない。  
皮 血合い付きなら 歩留まりを考えると実質1,5キロ しかし 今回はその倍3キロも身がある。
これじゃ三日で売り切れないよ!なのである。
そしてサクを取ってみたら うまくいかない!! これでは刺身では出せない! ブツで出すしかない! といってメニューを外し騒ぎ出す始末

だから 言ったじゃない いつ辞めるかわからない奴をあてにするなっての!   そうだよね~ という落ちになった。

さて これから マグロの竜田揚げだ なんだ○○○○だ!! かんだ○○○○だ! なんて話になってしまった。
でも 刺身じゃないと オヤジは反応しないと思うわけである。
三日後は マグロ尽くしの飯(まかない)が待っている。

だから 専門外のことに手を出すな!  マグロなんかに手を出すな!! という話
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック

プロフィール

煩悩おやじ

Author:煩悩おやじ
元々はサラリーマン 十数年前に第二の人生で東京で飲食店を開業して10年 気が付いてみれば今度は第三の人生を海外でやってます。 海外での生活ならではの・・・あるいはこの年齢独特の煩悩に苦しみ・・・徐々に悟りの境地に近づきつつあります。
  この国(国名は明かしません)に来て7年以上が過ぎました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad