FC2ブログ

残念な外食事情

日本食屋ひしめくこの国 わが店の界隈でも徒歩5分以内に50軒はあるほど ひしめきあっている。

ある日の休日 せっかくの休日なので私は外食に出かけるわけである。 もちろんわが店も和食屋 食べたい和食はたいがいわが店にもそろっている。 でも 気分転換にため他で食べたい。

その日は 昼はかつ丼 夜は天ぷら蕎麦とら内心決めていた。 ふらっと立ち寄るのではなく これはあの店 あれはこの店 とたいてい決まっている。 
自分の好みの味かどうか 味付けが濃い目か薄い目か なんて 旨い店 B級グルメ なんて贅沢が言えるほどではない。なにせここは日本ではないのだから。 これならあそこが一番マシ 程度の理由である。 そうしないと なにこれ?とがっかりすることが多いからである。

どこの店も日本人はいない。 最初はいたのだがしばらく経つと大抵現場に日本人はいなくなる。
変な日本語を話す現地人ばかりであるが ここは外国、料理以外も日本とは違う。
(日本でも最近外国人従業員がかなり目立つが 彼らの日本語はまだしっかりしている。 それとここは同じではない。普通の日本人なら腹が立つような感じであろうか)

昼のかつ丼 仮にA店としよう。 数カ月ぶりに入って頼んだかつ丼  しょっぱい 玉ねぎがでかすぎて食べるのに邪魔である。  落胆する

夜の天ぷら蕎麦 仮にB店としよう。 天ぷら蕎麦!と頼んだら 今日は天ぷらなーい! という。 ここはこの国産のそば粉を使っていて輸入品ではないので価格は 安い! 安すぎるほどである。 一応手打ち といってもパスタマシンで作っているので麺に角が無いが 何割使っているか不明だが 蕎麦 という味がする。 天ぷらもエビなんかは無いがドーン と出てくる。 
しかし、 蕎麦屋なのに 天ぷらが今日は無い というのは考えられない。日本であればあり得ないことであるが、まあ この国のこと 日本人店主もいないし文句を言うこともできない。 それはそれとして今日の蕎麦は なにか硬い コシがあるというより良く茹でていないような食感である。 天ぷら蕎麦気分が台無しになってしまった。

A店もB店も 要は日本人の手がけた店なのだ。 でも日本人が居ない➡味にばらつき 
こうなって がっかりさせられることが多い。 もうしばらく AにもBにも行くことは無いだろう。
淋しい食事情である。 胃袋の許容量に限りのある私 食い直しもできず残念な休日の外食であった。

やはり 日本人がいて日本人の作る和食が一番 ではあるがそんな店どこにあるか 教えて欲しいくらいである。  
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック

プロフィール

煩悩おやじ

Author:煩悩おやじ
元々はサラリーマン 十数年前に第二の人生で東京で飲食店を開業して10年 気が付いてみれば今度は第三の人生を海外でやってます。 海外での生活ならではの・・・あるいはこの年齢独特の煩悩に苦しみ・・・徐々に悟りの境地に近づきつつあります。
  この国(国名は明かしません)に来て7年以上が過ぎました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad