FC2ブログ

日本の戦術 ➡ 愚かな軍官僚組織

近代史 昭和の戦争について書いています。

前回、戦略について書きましたが今回は戦術についてということになります。

戦術に触れる前にそれを指揮した指揮官、作戦計画と作戦実行について触れてみたいと思います。

日本の指揮官 海軍で言えば軍令部 陸軍で言えば参謀本部ですが、これが日本にとって良い風に機能しなかったわけです。

現場の指揮官に肝心なところの指揮権無し 以前触れましたが、日本の軍部の組織的な問題がまずあるわけです。 
官僚のような機能で自分たちの立場を守る罷免権が他には無かった。有能だろうが無能だろうが人事は密室人事。学歴のあるテストの点数が高い優等生が指揮権を持っていた。
失敗しても罷免になることもない到底信じられない組織の運営

戦争のプロである武士はもういなくなっていたのかもしれません。 

海軍であれば ①永野軍令部長 ②山本五十六 ③南雲忠一 ③井上○○ ③栗田健男 
① 無能な南雲を空母機動部隊の指揮官にした。 艦隊を傷つけないことを優先した作戦感覚 アメリカに負けることを望んでいた?初めから勝とうとは思っていなかった?
② 現場に行って指揮をとらず、なぜかいつも人任せ 肝心の空母がミッドウエーでやられると自暴自棄になってわざと戦死するかのような行動をとった。 短期決戦に望みを託すのみの博打的な指揮ぶり。 空母により雷撃にこだわり戦艦を使おうとしなかった。
③ 軍令部長の腰巾着 弱腰 決断力無し 真珠湾 ミッドウエーと迷采配ぶりは海軍ナンバーワン
④ 同 軍令部長並の作戦感覚 珊瑚海海戦で 傷ついた敵空母にとどめを刺さずすぐに逃げて帰った迷指揮
⑤ レイテ湾謎の反転 何しに行ったのか理解不能な作戦指揮 死にたくなかったのかな?

陸軍 ①東条英機 ②辻○○ ③牟田口廉也 
① 言わずと知れた軍内覇権争いでトップに上り詰めた頭でっかちの変態憲兵出身のエリート 生きて虜囚の辱めを受けず と兵には死ぬことを強要しておいて敗戦になっても自決しない卑怯者
② 誰が言ったか知らないが 作戦の神様とか。 ノモンハン・ガダルカナル・インパールで勝手に指揮をとり全部責任は人に押し付け フィリピンで悪行をし 戦犯容疑を恐れて中国で逃走   戦後日本で国会議員になるほどの厚顔男
③ 盧溝橋事件で支那との全面戦争に踏み切った張本人 インパール作戦を強硬に主張 自分は後方で芸者を随伴させ神に祈っていただけと言うおめでたい迷指揮官 もちろんインパール作戦は太平洋戦争最大の愚作戦で名高い。

まだ挙げれば色々出てきますが、こんな失敗を繰り返して罷免されない官僚組織を作り上げた日本軍 それが戦略だけでなく 戦術にもことごとく弊害が出たというわけで今更説明するほどのものではないのかもしれません。

日本の兵隊は世界一強かった。ただし指揮官は世界一無能だった と言ったのはアメリカの軍人の言葉です。

日本の戦争の戦略・戦術はこんな一握りのおかしな戦争のプロではない頭でっかちのエリートたちが引き起こした結果 当然の結果として敗戦に繋がって行ったと言えるわけです。

当時の日本はどうしようもないまとまりのない強大化した軍部に動かされて閉塞感でいっぱいだった。
戦争は勝てるわけはない だがこのままでは日本がつぶれるまで戦って他国に占領されることによって軍部を解体 その後の新しい日本に期待しよう  こう エリート官僚は考えていた と私には思えてならないのです。

終戦間際まで国体の保持にこだわったのはそこにあるわけです。 日本は敗戦によりソビエトの共産革命を官僚は望んでいた。 軍人はいなくなっても日本の官僚組織は今も残っているのですから。だた結果的にアメリカに占領された。
本当は社会民主主義のソビエトに当時はみんな アメリカも日本もあこがれを持っていたというのが戦前までの動きなわけです。 結果的に冷戦を経てアメリカの傘下に入って良かったという考え方もできますが、日本の国としての意思などは未だにアメリカに占領された時と何も変わらず 自分の意志がない 決断できない日本は変わらないまま今日に至りアメリカの属国のまま70年が経過しているわけで 今が良い と思うのはおめでたい考え方としか言いようがないのであります。

日本は乗っ取られて骨抜きになってしまったのです。官僚組織は解体されないで残り、マスコミは官僚や朝鮮の回し者で未だに自虐的な戦争の歴史しか伝えていません。 しかし、
官僚にとってはそれはどうでもよいこと 自分たちの立場は今も守られているわけですから。

今もこの問題は変わっていません。

だから あの戦争は悪だったにしておけば好都合なのです。 私はあの戦争は悪だったと思います。  しかしもっとやりようがあった。あれだけの犠牲を出して負けたことは悪だと思うわけであり、戦争そのものは悪だったとは思いようは無いのであります。日本は愚かな振る舞いをしたということであります。

○○の部分は思い出せずそう表記しました。意味は特にありません

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック

プロフィール

煩悩おやじ

Author:煩悩おやじ
元々はサラリーマン 十数年前に第二の人生で東京で飲食店を開業して10年 気が付いてみれば今度は第三の人生を海外でやってます。 海外での生活ならではの・・・あるいはこの年齢独特の煩悩に苦しみ・・・徐々に悟りの境地に近づきつつあります。
  この国(国名は明かしません)に来て7年以上が過ぎました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad