FC2ブログ

有効消費について 私の場合

先日 TVで タモリ倶楽部を観ていた。今回は  シャンパンタワー

098-70.jpg

変な物ばかり取り上げるこの番組 実に面白い。
結婚式用かと思っていたら ホストクラブで需要があるらしい。 専用業者もいる。業者曰く
月?年?150件とか それだけでも驚くが、
一本5万や10万もするドンペリや何かを15本も使うらしい。 ホストに貢ぐ20代女性 イカレポンチにしか見えないバカそうなホストの生誕祭だとか(何が生誕だ お前は何か成し遂げた偉人か!?)
映像では400万円使ったシャンペンシャワーで盛り上がっている店内の様子が紹介された。

タモリ曰く一言 俺 金は持ってるけど もったいないね! 
タモリからしたら400万円は我々の4~5万円なのかもしれないが もったいない は当たり前の反応 クレージー としか思えない。


今回は そんな話

ホストクラブのホストに貢いだ女性 さて一年後はどうであろうか? また同じことをしなければホストに捨てられてしまうだろう。 これは 有効消費とは程遠い。

人の心がうつろい変わるもの つなぎ留めるなんてことは一回ではできない。

有効消費とは 一見無駄使いにみえるような行為で手にした物により得られる長期に渡る 満足感・充実感・こころの支え・生きがい に通じるものでなくてはならない。
ちょっと気に行った服があったからと言って衝動買いをして一年後には忘れてしまうなんてものでは無い。

私の場合、 20代のころ 月収13万円のころ 130万円のDUCATIを買った。
f3.jpg
 
これによりどれだけ日々の生活が張りをもって生きられたかは計り知れない。 見栄ではない。 欲しいのだ どうしても欲しくてあこがれていたのだ。 値段ではない 日本車にはない味 デザイン 乗り味 思い入れが作る側から感じさせてくれたからだ。 よって当時過酷な職場で働いていた一サラリーマンだった私はそれによってずいぶん心を癒された思い出がある。

このDUCATI まだ巷では中古が出回っている。 良いものは不変なのだ。

衝動買い 私はほとんどしない。
今は この国に来て 毎日の消費はどうなっているのかというと 一日に一箱の煙草100円 週に2~3回 キッチンスタッフに コーヒーをおごるのが一回300円 週一回 日経コンビニに行き朝食のバナナやシリアルを買う 1500円 昼飯 夕飯は ほとんど店の物で作るか あまりもので済ます。 最近は酒も飲まない。
日々の消費はほとんどそれだけ 

休日は週一回 プールに行く 五つ星ホテルだから2000円弱 昼飯の外食 600円 タクシー代一日1000円 夕飯兼飲み代 2500円~5000円

その他の娯楽 
最近では これも月に二回程度 最近は決まった相手がいて 一万円プラスアルファ
(これについては 私 もうほとんど期待するものはない。単なる精神安定上の気晴らしと決めている。 よってこんなところに浪費はしない。)

何か物を買う行為は皆無。 シャツや下着は年に一度の帰国でユニクロクラスで済んでしまう。

月に換算すると 最大で55,500円也となる。
サラリーマン諸氏と変わらない。

そして貯金(へそくり)は月に5万円 といったところだろうか。


私には この有効消費に対して目標がある。

① すでに手に入れたが 身の回り品としての時計
IMG_9625.jpg

② 帰国して足替わり 旅のお供とするバイク一台 これをカスタムする(250cc以下の国産中古でよい) こだわるのは カスタム の部分 もう大きなバイクは必要ない
実用的で壊れない長持ちするものの方が良い。
③ 家の改装  田舎の中古住宅を自分好みにアレンジすること
家の中で快適に過ごす常識にとらわれない風変わりな家 

番外で 必需品となる荷物の乗る車一台(キャンパーとしても流用可能なもの。もちろん中古)

悲しいかな 充分な資金は無い 限られている。 しかし、どんなかたちにせよ 上記は私にとっての 有効消費 と思っている。

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック

プロフィール

煩悩おやじ

Author:煩悩おやじ
元々はサラリーマン 十数年前に第二の人生で東京で飲食店を開業して10年 気が付いてみれば今度は第三の人生を海外でやってます。 海外での生活ならではの・・・あるいはこの年齢独特の煩悩に苦しみ・・・徐々に悟りの境地に近づきつつあります。
  この国(国名は明かしません)に来て7年以上が過ぎました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad