FC2ブログ

シンゴジラという映画  ある意味最高のおすすめ映画です。

少し前の映画だが シンゴジラ という映画を観る機会があった。
gozira.jpg

特別興味もなかったが 見てみて実にある意味面白い映画であった。

というより 風変わりな映画なので 視点を変えれば実に楽しめる。 日本映画で久々に印象に残った映画なので 是非 見て欲しい 人に薦めたいと思った次第。

何が面白いかと言えば 現実にこんなことが起こったら日本はこんな感じなんだろうな! という映画

本当に日本的 これは震災からくる福島原発事故や今の北朝鮮に対する脅威について風刺的に描いたのではないか?とさえ思える皮肉たっぷりの映画なのだ
。 
そういう意味では 大傑作 だと思える。  ゴジラ?そんなものはどうでも良い 要は日本に対する脅威に日本はどう対処するかとしてみればいいのだな と感じることができる。
監督の意図しているところはハリウッド映画のように万人受けするヒットを狙った楽しめる映画ではないだろう。退屈な映画になってもよいと思って作っているはずだ。

とにかく 今までの怪獣や宇宙人侵略の映画とは描き方が違う  そこが面白い。

それ以外は とてもアメリカ生まれの日本人に見えない石原さとみの滑稽な演技が印象に残ったくらい。 強いて言えば主役級のイケメン俳優を使って官僚をかっこよく描いているのが鼻についたくらい。 つまりこんなことはどうでもよいのだが。

日本人しか作れない映画と言える気がする。 そこが面白いのだ。 私は観ていて笑いが止まらなかったのだ。

兎に角  面白いのは ぞろぞろ雁首揃えた会議シーン とにかく大人数な色んな会議 専門用語連発(これはわざとそう作っているのだと思うが) セクショナリズム 意思決定の弱さ リーダー不在 
つまり ヒーローが出てこない。

過去のこういった映画はどうであったろう。
子供のころ観た ゴジラやガメラは子供が主役だった。 周りの大人もほんの数人で意思決定
アメリカ映画 インディペンデンスデイ やはり同様に数人で意思決定 大統領は全人類に向けて勇気を鼓舞するスピーチ  実に感動的であった。

一方 この映画  意見も言わないのに雁首揃える役人がずらり 聞かれた事実だけを報告するだけの役人 
総理大臣 大杉連は え?今決めるのか? 聞いてないよ! と来た。
自分で意思決定したこともない様子 個人あるいは人間としての確固たる意志が無いのか!?と歯がゆくなる展開
kaigi2.jpg
kaigi.jpg
shin_godzilla_03.jpg

結局 誰が意思決定したか分からないまま後手後手に回ってようやく意思決定
それができたのは総理はじめ一連の閣僚クラスが避難するときにまとめてゴジラにやられていなくなってしまったからできた のような設定だったと思う。

アメリカにも見放されて いよいよ日本が世界から見捨てられる展開に。
つまり日本に核を落として他の世界は救われようと国連が判断 
そうなってようやく 日本人の意思でやり方で動き出す。 最後は力でなく知恵を絞ってどうにかゴジラを撃退する。

そう、 自分の国は自分で守らなければいけないのですよ。  そう言っているのだろうこの映画。   監督さんさすがです。 まあ興行的には成功しないでしょう。成功したいと思って作っていないのかな?  とも思えるのであります。

ゴジラは北朝鮮と仮定してみてください。 中国でもいいですが。 だいじょうぶですか日本!?と思うわけであります。

とにかく お勧め映画です。
 
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック

プロフィール

煩悩おやじ

Author:煩悩おやじ
元々はサラリーマン 十数年前に第二の人生で東京で飲食店を開業して10年 気が付いてみれば今度は第三の人生を海外でやってます。 海外での生活ならではの・・・あるいはこの年齢独特の煩悩に苦しみ・・・徐々に悟りの境地に近づきつつあります。
  この国(国名は明かしません)に来て7年以上が過ぎました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad