FC2ブログ

私の友人 これでいいのか?  いい身分だな~ 

この国の数少ない私のある1人の友人。
以前から 店を出そうと思うので手伝ってよ!とことあるごとに言ってきた。
彼は異業種だがそれなりのお金持ち 私なんかとは立場が違う。
毎日 この国の中や日本を行ったり来たり忙しそうに動いている。

彼は以前言っていた。 すごいゴージャスな店をお金を掛けて作ったのに全然お客が来なくて半年で潰れたよ。 でも 飲食店のオーナーに憧れが捨てきれない という。
もちろん 彼は現場でなんて働く気はない。 

うちの店のこと気に入って この料理なら絶対うまくいく。だから手伝ってよ。お金は出さなくていいからさ! と言う。儲かったらお金を折半するからさ!

こんなことをよく言ってくる。

これだけを聞けば 実にうまい話と思うのだが・・・・ 

では ということで具体的なことを聞いていくと この都市ではない ここが東京なら名古屋あたりで始めると言っている距離
息抜きに来ればいいじゃん ホテル代や呑み代は出すからさ! である。

場所は 自社物件で家賃ナシ 一階部分を店舗にしたいという。 そんな話が以前もあったがその時は彼の都合で実行しなかった。というか 私がそんな遠くまで何日も手伝いに行く余裕もないですと! ということで私が断ったのが理由だと後日彼は言っていた。
自社物件で彼曰く 一等地 ほんとに?  

それから二年は経つ。

最近彼はまた言ってきた。

場所は同じ都市 今度の場所は違う場所とのこと 同じく自社物件
同様にお金は出さなくていいよ 儲かったら山わけね! こんな調子である。
今度は前回よりも良い場所だとか

友人なら OK! じゃあやりましょう! と言う話になるのだろうが彼の話を聞いていると 首をかしげたくなることばかりなのである。

結論から言うと  そんな考え方でなんでこの人仕事がうまくいっているのだろう。 今までの彼の成功は単なる幸運?とさえ思えるのである。
難しい話は省略するが 飲食店を作る・始めるにはある程度考えておかなければならないことがある。 (当たり前ですね。お金かかる事業を始めるわけですから)

誰をターゲットのするのか? 
どんな店にするのか?
どんな料理を出すのか?
誰がやるのか?
場所は決まっているが、 せめてこれくらいは真剣に考えておかないとしょうがないのは誰でもわかる。

彼の話はこんな感じ

(彼)お宅の店は料理がおいしいし安いから間違いなくお客は来るよ!
 
(私) うちの店は日本人か日本通のアジア系外人に支持されている店 この国の人はほとんど来ませんよ。 日本人はいるんですか?

(彼)ほとんどいない。いても現場系人だから外食しない。 この国の人はたくさんいるよ
(私)うちの料理は この国の人にはウケませんよ。
(彼)大丈夫 俺の方で魚を手配して寿司や刺身以外に そんな魚を適当に焼いて出せば大丈夫だよ!
(私)それは誰がやるんですか?
(彼)適当に現地人で経験のあるやつにやらせれば良いよ 

(私)どんな店にするんですか?  ○○のような店にした方がこの国の人にはウケますよ。
※〇○とはこの国にある日本人経営の超繁盛店 日本人客はほとんどいない。つまり外人うけしている店
(彼) あんな店なんか嫌いだよ! 俺はおれでNYにあるようなハイセンスな店にできるよ

(私) で誰が管理するんですか? 日本人が良いんでしょ!?
(彼)それが問題なんだよ いないんだよな~とにかく日本人に頭を下げてもらったらこの国の人は喜んで来るんだよ 
(私) でも日本人でもこの国の言葉が話せないとお客と話もできないですよね?
(彼) そうなんだよ。 そんな奴はいないんだよ

(私)話を聞けば聞くほどターゲットのずれや人の問題があって難しそうですね。
 それと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (と私は細かいことで抜け落ちている点をすべて彼に指摘したわけです)
すると彼
 めんどくせぇ めんどくさいこと言わないでよ
自社物件だから客が来なくたって潰れないんだだから そんなに真剣に考えなくたって大丈夫! 細かいことはまだ考えていないし どうにかなるもんだよ 当たるときは当たる! 当たらなくても潰れやしないだから!

彼は 金持ちの道楽息子ではないのですが、 私としてはいつも呆れることばかり こんな価値観で世の中うまくわたっていけたら努力なんて言葉はいらなくなるなー  俺の価値観が間違っているのだろうか? こんな乗りで生きた方が成功するのかな? とふと疑問に思った。

彼は 自分の店の手伝いで私を遊びに来させることを 仕事 という大義名分を使って行おうとしているんだな! という気がするわけであります。
その時が来たら 私 それに乗って息抜きに仕事として出かけることにしようかと考え始めました。
そう 真剣には店の件で彼と議論することは止めることにしました。

しかし この彼 いいー身分だな~  であります。

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック

プロフィール

煩悩おやじ

Author:煩悩おやじ
元々はサラリーマン 十数年前に第二の人生で東京で飲食店を開業して10年 気が付いてみれば今度は第三の人生を海外でやってます。 海外での生活ならではの・・・あるいはこの年齢独特の煩悩に苦しみ・・・徐々に悟りの境地に近づきつつあります。
  この国(国名は明かしません)に来て7年以上が過ぎました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad