FC2ブログ

女は強い 男は弱い のでありましょうか?

先月の旧正月休みに日本に帰国してきた。

いつも帰国時に会う旧友が何グループかいるのだが、そのうちのサラリーマン時代の後輩と会った時の話。

彼は私の事情もこの国に来る前から知っている。(私の事情とは 簡単に言うと、うちの片割れに私は愛想を尽かしていて将来は一緒に居たくないという事情のことだが)

そこで 以前サラリーマン時代の交友関係の話が出て、私の独身時代 自営(飲食店開業)で意気投合していた仲間の話題になった。 その仲間とは数人の女史で同年代 全員独身 (今も同様)

そのうちの一人と私はかなり近い関係にあった。 しかし、当時 彼女は独身とは私は知らず今の片割れと付き合ってしまった後にそのことを知って非常に後悔したことがあった。(もう25年も前のことでありますが。)

結局 今は、お互いに自営の立場だが畑違い しかし、数年前から当時のすれ違いの思いは私は感じていた。彼女もその様であった。今更と言う感はあるが、それでも3年前の帰国時に2人で久々に会った。

私の帰国時の滞在先は東京 彼女は遠く離れた地方都市 仕事で時々上京するという。

その時、たまたまタイミング良く東京で会えた。

 井之頭公園を散歩した。何を言うわけでもなかったが彼女の東京での滞在先の友人宅にも寄った。
 
私の帰国は一年に一度 その後はタイミングが合わず会えていない。

彼女 どんな事情か分からないが、携帯電話以外でのメールはブロックしているらしく 私の海外からのスマホではメールが届かない。 共通の友人で東京の同じ飲食店の女店主とその友人が橋渡し役となっているのみ。私の帰国時に連絡を取ってくれているようなのだが都合が合わず その後は会えていない。

こんな薄っぺらな関係ではないはずなのだが、その飲食店の友人の女史もその仲間もみんな私と同年代(彼女たちは独身)旧知の間柄である。

男であれば 旧友として数年ぶりに会おう!と言えばみんな集まってくれる。 一種の仲間意識は存在するのだが この地方都市にいるメールの通じない彼女の私の女友達はどうも事情が違うようだ。

当の本人の彼女にしてみても 連絡する気があれば何かしら策を講じることができるはず。

なにか 私は嫌われているのだろうか?と思ってしまう。

今回も 橋渡し先の女史(今は飲食店を閉めてしまっているが)に一か月も前に帰国の連絡をし 久しぶりに会いましょうか?と打診していたのだが、 近々になって連絡しても 皆さん なかなか都合がつかないようです。という冷たい返事

嗚呼 もうこの女友達との交流もこれまでか! しかし 何故? と思っていた。






前置きが長くなったが 、そんな話を後輩としたのである。

何故? という疑問に後輩が言った。

女も生理が上がってしまうと 子宮では物を考えなくなって もう 恋だの愛だのではなくなり、独りで過ごしていると独りで生きることで充分な勝手な生き物になってしまうというのを誰かから聞いたのだという。

そうか 女は 自分のことだけを考えているただの生き物のなってしまうのか!
1人で長く生きていると もう一人で良い と打算的に生きだすということなのだそうな。

この国では難しい であれば 日本での旧知の異性 なんてことを考えていた私にとって それも無いのか!? 

女は強い 独りで生きられるのだな  男はどうだ? なにかしら無いとね 寂しいと思うのだが。  この考え方 おかしいでしょうか? 
俺は茶飲み友達でいいから 価値観の合う異性のパートナー(結婚と言うことでもないし、一緒に住むと言う意味でもありません)が欲しいのだが。

女は強い 男は弱いのでありましょうか??


関連記事

コメント

1. -
このコメントは管理者の承認待ちです
| Edit

コメントの投稿

トラックバック

プロフィール

煩悩おやじ

Author:煩悩おやじ
元々はサラリーマン 十数年前に第二の人生で東京で飲食店を開業して10年 気が付いてみれば今度は第三の人生を海外でやってます。 海外での生活ならではの・・・あるいはこの年齢独特の煩悩に苦しみ・・・徐々に悟りの境地に近づきつつあります。
  この国(国名は明かしません)に来て7年以上が過ぎました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad