FC2ブログ

もう一つの新たな楽しみ HONDA   F1 Grandprix 2019 

この国 不便なようで良いところもある。

それは日本のTVが見れること 地上波だけではなくBS・CS 80チャンネルくらいすべて見ることができる。 しかも2週間分さかのぼってオンデマンドで見ることができる。それで一か月3000円   日本では考えられない低価格で見ることができる。

私が見るテレビ番組は ほとんど映画のみ
しかし、それ以外で定期的に見ているものはやはりスポーツ番組 と言ってもWCサッカー・大相撲この程度
しかし、最近 ずっと忘れていた 昔 夢中になった F1 グランプリ をフジのCSできっちり予選から完全中継で行っているのを発見してから このF1が私の関心事の一つになった。

あくまでも、F1ファンと言っても鈴鹿の日本グランプリを見に行ったことはないし、専門的な知識もない素人ファンなわけではあるが、久々に味わったF1の世界 実に煌びやかで やはりF1はいいなあ! と思い直したと言う訳

中島悟 セナ プロスト これはおそらく20年以上前のこと その後 シューマッハ 佐藤琢磨 小林可夢偉 このあたりで私のF1熱は冷めてしまった。 フジが地上波中継をやめたことも一因だが、 日本人ドライバーの不在 HONDAの撤退 コース上で抜きつ抜かれつがなくなった事情等でF1への関心が無くなっていったのを覚えている。
 たまに見るとDRSだとか ブレーキのパワーを電気エネルギーとして貯めこんでエンジンの馬力を一時的に上げる?システムとか なにか複雑になったF1にも違和感を感じるばかり。

しかし、昨年CSの完全放送を発見した。

なにか聞き覚えのある声  あの 川井一仁?レポーターの声だ! 懐かしい! あの人、鈴木保奈美と結婚してたな まだF1でやってたのか! 今泉さんや森脇さんはどうしかのかな? それにしても川井一仁さん マッチ棒みたいな細身な人だったのに 今じゃガマガエルじゃない?  時は流れたのだな~ と感慨にふけった。
C2HQslZUcAA-q-Q.jpg
kazuhito-kawai.jpg


しかも、番組内ではもう大御所という立場のようで 話している内容 素人には分からないことばかり この人 番組を私物化してるわ! と感じるほど。これでは地上波では放送できない。
日本のF1熱 上がらないわけにも納得がいく。 これでは素人やビギナーの入り込む余地がないのだ。

私にとっては 日本のエンジンあるいはチーム・日本人ドライバー これがF1で活躍することが最大の関心事 それには日本のF1への関心が高くならないことには始まらない。

どうも F1を取り巻く環境は 日本のF1離れをどうすることもできないでいるようだ。
しかし、かすかな希望がある。 HONDAが数年前から復活し 今年勝てそうなチーム 過去のチャンピオンチーム レッドブル にエンジンを今年から供給し始めたことだ。

昨年 勝っているドライバーもいるチームである。 案の定 HONDAは今年の開幕戦で3位表彰台の獲得した。 3位でしょ と思うかもしれないがHONDAにとっては表彰台は11年以上ぶりなのである。

F1も コース上の見ごたえのあるバトルの必要性を感じているらしく、空力を重視させない方向でオーバーテイクしやすい工夫をしているようだ。(といっても毎回さしたる効果は出ていないようだが)

HONDAが復帰したこの数年 エンジンも 1500ccターボ時代から ノンターボV10時代も終わり 今やまたターボが復活、電気エネルギーとのハイブリッド化だそうで HONDAは昨年まで全く過去の面影が無かった。 しかし、根本的にエンジン(PUと言うらしい)を再設計に踏み切ってようやく昨年からパワー・信頼性が向上し, いよいよ期待できそうな雰囲気だ。

このタイミングは実に見る側にモチベーションを与えてくれる。
日本人ドライバー不在は寂しいが、レースで勝てる実力のないチームやドライバーでは どうも今や物足りないというのがわたしの私見。

今まで、深夜眠い目をこすりながら 中島 亜久里 右京 琢磨 可夢偉 の表彰台を期待して何度がっかりさせられたことか。 中段グループの入賞争いでは物足りないのである。

F1で頂点に立つドライバー これが日本人ドライバー ということを妄想して止まない。 これはWCサッカーで日本が優勝することのように 夢のまた夢  しかし、私が生きている間に一度見てみたい願望でもある。

環境が不利である。ジャパンマネーにF1が躍ったときならいざ知らず(当時はドライバーにカリスマ的日本人はいなかった) ヨーロッパ中心に動くF1  
ここは HONDAがチャンピオンチームを手助けし、発言権を強めて日本人ドライバーをチャンピオンチームで走らせるしか道はないような気がする。 HONDAだけである。 TOYOTAなんて企業には将来的にも期待できないのである。

いつか そんな私の夢が実現する日を夢見て。  F1を楽しんでみたい。

頑張れ フェルスタッペン!!  
red-bull-honda-1.jpg
pic1_Max-660x440.jpg
RedbullHonda-VER-1.png

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック

プロフィール

煩悩おやじ

Author:煩悩おやじ
元々はサラリーマン 十数年前に第二の人生で東京で飲食店を開業して10年 気が付いてみれば今度は第三の人生を海外でやってます。 海外での生活ならではの・・・あるいはこの年齢独特の煩悩に苦しみ・・・徐々に悟りの境地に近づきつつあります。
  この国(国名は明かしません)に来て7年以上が過ぎました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR